いよいよ、ジャックの里☆スィムブリッジより

お待ちくださっていたみなさま、大変お待たせいたしました

ついにスィムブリッジに到着です☆


今回の旅行は私にとって十数年ぶりの個人旅行
いくら多少の経験があったとはいえ、毎年、いや毎月でも海外に足を運ばれている方とは違い
最初こそ、それらに慣れるまで緊張しながらの旅行でした

だからといって、下調べや準備を完璧にしたわけでもなく
言葉と人種と気候がちがうだけだよね!っとタカをくくっていたので
旅の途中、なんども小さな失敗、パニックがあったことは言うまでもありません

しかしながら、いかにアバウトな段取りをそれなりにこなすか?っというプロセスが楽しく
(上手くいった、いかない)

日常を離れ、生活、文化、言語、歴史の異なるかの国に身を置き、驚き、感動を体験できる喜び
冒険という旅の醍醐味を味わうことも
観光に勝るとも劣らない海外旅行の魅力だと思っていたりもします

そんなわけで、ほとんど観光地というには程遠い、移動の便もあまり良いとはいえない
このスィムブリッジという村に訪れることができたことは
それだけで充分、私にとって達成感を感じさせてくれるものでした




気候は穏やか、天候も良く空は晴れ渡り、まさにイギリスのカントリーといったところ


画像


                            Swimbridge全景 丘の上より
        デボン州北部。起伏のある美しい丘が横たわり 教会を中心に家々がよせ集まる小さな集落




画像



画像



画像


      聖職者のJohn Russellとジャックラッセルテリアに関する資料が展示されている The Jack Russell


まず館内に一歩足を踏み入れると左右にレストランとバーの入り口があり
小さなカウンターで休日のお昼に会話とお酒を楽しむ人々が賑わうバーを通り抜け
奥のプレイルームに進むとそこがジャックラッセルのお部屋です


画像



画像



画像



画像


部屋にはジャックに関する新聞記事やポスター、絵画、資料などが展示されています
やはりいろんなジャックがいます

あの子にそっくり! この子も見たことあるような? なんて思いながらひとつひとつ眺めていると・・・


画像

                                ん? これは?

ジャックの記念紙幣でしょうか? ふむふむ20ポンドね・・・



画像

                            あれっ?誰かに似てないっ!?







画像

                      パックンにそっくりなんですけどぉ~~~~(笑)


ちょっと弱り顔なところもパックンの表情に似ていて楽しくなりました♪


とりあえず、最初に目指していた The Jack Russell 見学をしてみましたが
まだまだお話は続きます☆

よろしければ、どうぞお付き合いください

固い口調は慣れないのでやめることにしたねーちゃんなのでしたぁ♪
いつも一貫性がないねぇ^^;

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/u4r6c749w2oh

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

ぐり
2009年09月30日 20:06
成る程!ジャックの原種はFOXのスムースがそうらしいから、バックンはFOXに似ているのな
瞳なんてそっくりだね
ジャックの生まれた街でそっくりな資料に逢えたなんて
素敵な旅の続き待ってます
りふぉんママ
2009年09月30日 20:36
ほ~~んと、そっかぁ~~
パックンは ここから 抜け出して ねーちゃんとこに来たんだね。

で、パックンの故郷が ねーちゃんを呼び寄せたんだね~~

すごい、すごい・・・なんだか 奇跡だぁ~~~
ひろ
2009年10月01日 16:03
ジャックの里!待ってました~~!
すご~い、どの写真も素敵すぎる・・・。
自動車や看板やいろいろな一つ一つが絵になりますね。
ここがジャックのみんなの故郷なんですね~。
しかも、パックンそっくり!?
優しそうな表情が似てますね。

続きも楽しみにしていま~す!
ラテママ
2009年10月01日 18:24
ほんとっ パックンそっくりーーーーっ!!!
ズームになる前から ウソ~ン! って思っちゃったよぉ^^
ジャックの里、きっと いろいろ調べるだけでも
大変で でも楽しかったんだろーねぇ♪
海外行っても まったく言葉が通じず、
移動といえば ツアーのバスだけのワタシとは エライ違いだわ^^;
camemama
2009年10月01日 19:20
言葉と人種と気候だけって…
のどかなカントリー、下調べが大変だったんじゃない?
素晴らしい旅が出来ましたね


それにしても、パックンそっくりexclamation×2
はるばる日本のねーちゃんさんの所までやって来たんだねるんるん
ココで紙幣のパックンに会えるとは、行った甲斐がありました
いやー楽しそうな所でするんるん
ハラマキ
2009年10月02日 00:52
いるいる!パックンが紙幣にいる!
ううーん。パックン、とっても高貴なお方だったのね?
ウシがライバルだなんて、おこがましいわー!
日本人でこの街を訪れる人なんて、ほっとんどいないんじゃないかしら。
いたとしたら100%ジャック飼いですよね
ねーちゃん
2009年10月02日 23:20
ぐりさま☆

そうなんですかぁ!FOXテリアってことですよね?
ふ~ん、知らなかったです!
パックンに見えます~?
親ばかの私の思い込みのような気もして、
ちょっと自信なかったんですけど、
やっぱり見つけた時はうれしかったです♪
ねーちゃん
2009年10月02日 23:25
りふぉんママさま☆

そうですかね~^^;
だったらうれしいなぁ~(*^。^*)
もっち、りふぉんくんに似てる子も見つけたんですよ~!
ちゃんとひとつひとつ撮ってくればよかった><
ねーちゃん
2009年10月02日 23:31
ひろさま☆

のどかなかわいらしい村でしたよ~(*^_^*)
2時間もあれば村を一周り、十分できるんです
そうです!ここおがジャックみんなの故郷です☆
ちょっと感動が薄めの私です^^;
それが何故かは次回にでも・・・
ねーちゃん
2009年10月02日 23:36
ラテママさま☆

パックン、似てる~!?
私の思い込みかも~?って思ったりもしたけど、
見れば見るほど、パックンに見えてきちゃうんだよね^^;

到着することだけしか考えてなかったから、着いたらすでに達成感^^;
そうじゃないよね?ほんとはっ!!(笑)
ねーちゃん
2009年10月02日 23:44
camemamaさま☆

ううん、下調べ不足だった~!
今、あれこれ後悔したりしてるよ~><
しょうがないので次回に活かします^^;

パックン、似てる~!?うれしいなぁ(*^_^*)
今度同じポーズの写真撮らないとね~♪
ねーちゃん
2009年10月02日 23:52
ハラマキさま☆

パックン、私の思い込みですんません^^;
似てるからってなんだと思うのですが、なんでしょうねぇ、
たんにジャックマニアな感情なんですよね~^_^;

もし、ここに行ってみたいという方がいたら、
あまり伝え過ぎてもどうかと思ったり、
イメージを作らない方がいいかなとか考えてしまいました
いらっしゃったら!のお話なんですけどね(笑)
ねーちゃん
2009年10月03日 00:03
ウシくん☆

えーーーーっ!ウシくんには似てないよーっ!
どっちかって言えば、ぜったいパックンだよーっ!

どら焼き、美味しそうだね!
この街で7代目まで継げるってことはそうとう美味しい店だろうね!
ようかんもおいしそうじゃん♪
うちの田舎には「をちこち」っていう、
ようかんの進化した和菓子があるんだよ!
食べたことあるかい?
ちび父
2009年10月04日 22:37
いよいよジャックの故郷ですね。
看板と言い、記念館まであるなんて、Swimbridgeはジャックラッセルテリアを誇りにしているんですねぇ。
記念紙幣のワンコ、確かにパックンに似てるけど、パックンの方が目がクリクリっとしていて優しいね♪
ごまママ
2009年10月05日 20:48
待ってました!ジャックの故郷!
えええええ!!!ぱっくんのご先祖様!!
確かに似てる!ちょっと不安なときのぱっくんのお顔に!!
それにしても、はるばる日本からここに来た人って・・・ねーちゃんとにーちゃんが初めて??
ごまママ
2009年10月05日 20:48
待ってました!ジャックの故郷!
えええええ!!!ぱっくんのご先祖様!!
確かに似てる!ちょっと不安なときのぱっくんのお顔に!!
それにしても、はるばる日本からここに来た人って・・・ねーちゃんとにーちゃんが初めて??
ねーちゃん
2009年10月05日 23:47
ちび父さま☆

「The Jack Russell」について、説明不足でした!
すみません><
こちらはジャックラッセルに因んで名前をつけたホテルだと思います
ですので、歴史的な資料というより、
ジャックに関係あるものをいくつか集めたというかんじでしょうか

パックンの方がかわいいかなぁ~♪
親ばか?^m^ ↑
ねーちゃん
2009年10月06日 00:07
ごまママさま☆

パックンに限らず、当時のいろんなジャックの絵などから
いかにラッセル氏が見た目にこだわらず、能力重視でジャックラッセルテリアを作り上げていたかを感じました

訪れた人・・どうでしょうか?
日本以外では来ている人もいたようですが・・・
教会にノートがあったので記帳してきました♪
もしかして私達が初めてだったのかなぁ^^;
(あえて日本語で記入してきましたよ!)