ジャックの旅☆成田~ロンドン、パディントン駅より

2009年9月11日 11:30 東京(成田国際空港)発 VS901便

成田空港第1旅客ターミナルビル、北ウィングより ヴァージンアトランティック航空
ロンドン・ヒースローへ

初秋とはいえ、まだ半袖姿の人々が行き交う国内
機内の薄手のブランケットだけではいつも寒く感じている私は
空港に到着するとすぐ厚手の長袖パーカーに着替える

チェックインカウンターでチケットを手に入れ、
二人で一つのあまり大きくないスーツケースを預け搭乗ロビーへ


さぁ、待ちに待ったジャックの故郷へ出発!


画像

                                機内にて


ヒースローには現地時間で同日の15:45に到着予定

約12時間のフライト
イギリスは10月末までサマータイム実施期間なので 日本との時差は-8時間

画像

食事は2度出される
こちらは2回目。トマトソースのペンネ。
1回目はキッシュをいただいた
じゃがいもと卵の味しかせず、いまひとつだった

にーちゃんが寝ている間におやつとしてアイスクリーム(ミルク味)が配られた

日本の某メーカーのもので、どうみてもよくあるファミリータイプの棒アイスでがっかりしたが
とにかく機内は乾燥しているので、喉の渇きは潤され、小さな棒アイスでもとても美味しくいただく

食べてばかりいたように見えるが・・・
食事以外の時間は、これから始まる旅行を思い描きつつ、ほとんど寝つけず
持ってきたクリスティーの小説を読み進めるか、機内のゲーム・テトリスに没頭する


ヒースローに無事到着☆
入国の手続きを済ませ、ついに憧れの街、ロンドン


画像

                    HILTON LONDON METROPORE 11F お部屋から


今回、私達が利用したTOURは
ロンドン・日本往復航空チケットとホテルがセット、日程は終日フリーというもの
ホテルはロンドン北西部のヒースローから車で45分程のヒルトン・ロンドン・メトロポール
(以降ヒルトン・メトロポール)


画像


こちらはホテルの朝食☆

イングリッシュ・ブレックファーストというもので温かいベーコン、ソーセージ、いくつかの卵料理
パンも種類豊富、デザートのコーナーには新鮮なフルーツが各種並び、バイキング形式でいただける

ヨーロッパ大陸系の「コンチネンタル・ブレックファースト」と比べるとかなりのボリューム

イギリス人は食事に関して淡白だと思っていたので、初体験の私はこの朝食にはびっくり

それ以外にもイギリスならではの料理、ベークドトマト、ベークドビーンズ、マッシュルームも並ぶが
野菜をあまり食べない私、それらをほとんどチョイスせず、偏っている


画像

                                           木イチゴなどベリー系がとても新鮮です


フルーツサラダにプレーンヨーグルトをかけていただくのがとても気に入った私は
ヒルトンにいる間は必ずフルーツをこれでもかっ!っと山盛りして・・・

普段の朝食はトースト2枚とコーヒーだけで済ませているのに
自分の食い意地にもびっくりしたが、目が欲しがって毎回あれこれ皿に取り食べきっていた
そのおかげで時間がなく昼食を抜いてしまっても、さして気にならず



画像



画像

                  ロンドンの街角、どこを切り取っても歴史を感じさせる建物ばかりでした


ヒルトン・メトロポールでロンドン初日を一泊し
翌朝、荷物を数泊分にまとめるとスーツケースからリュックに入れ替え
この旅の一番の目的であるジャックの生まれた村、Swimbridgeへ出発する

偶然出発予定と合ったこのTOUR
セットに含まれていたヒルトン・メトロポールだったが
私達の旅行に絶好の立地だったことを、現地に着いてさらに実感する

なぜならこのホテルはパディントン地区にあり、
イギリス南西部に向かう列車が乗り入れ、始発駅でもあるパディントン駅へ歩いて数分だったからだ

Swimbridgeはイギリス南西部。
そういった点で、非常に効率良く
もし、他のホテルだとしたら、地下鉄を乗り継ぐなどワンステップが必要になり
時間的ロスも少なからずあっただろう


画像

                    Paddington Station構内


画像



画像

             1854年開設 天上のアーチがヨーロッパ的です


パディントン駅はいくつかの点において知られている

私の知る限りでは、キャラクター「くまのパディントン」
その名前は、彼がパディントン駅で見つけられたことに由来しているという

もうひとつはアガサ・クリスティーを訪ねるという私の第二の目的にも重なる
アガサ・クリスティーのミス・マープルシリーズ、『パディントン発4時50分』では物語の舞台となっている


画像


クリスティーが『パディントン発4時50分』発表したのは1957年
その頃、彼女もこの大きな壁時計を見上げたのであろうか


旅行記なので文体かためです^^;
気取ってるわけではありません(笑)
できるだけ早くSwimbridgeへ話を進めたいのですが・・・少ししか進められられないねーちゃんなのでしたぁ♪


http://ping.blogmura.com/xmlrpc/u4r6c749w2oh

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

りふぉんママ
2009年09月20日 23:40
宿泊が パディントン近くだったのは ラッキーでしたね。
空港からも 便利ですしね~~
幸先のいい旅行です・・・・

イギリス、特に ロンドンは 物価が高いでしょう~~
ホテルなんかも 個人で泊ると高いから パッケージを利用したのは 正解!
さすが、ねーちゃんです!
続きも楽しみにしてますよ~~~
ごまママ
2009年09月21日 06:41
うわーーー!!ロンドンだぁ!!ねーちゃんは、やっぱりすっごく旅慣れたお方のようですね!私の知りたいことをちゃんと教えてくれる!絶対ガイドブックよりねーちゃん旅行記の方ば役に立ちそう!!早く!続きが知りたい!
ああああ・・・じれる!!
ハラマキ
2009年09月21日 09:41
素敵ですねぇ。
旅行って、こうやって目的をもってするもんなんですね・・・
っとにーちゃんさん、ねーちゃんさんの旅の仕方にとっても感心を持ちました。
クリスティーも眺めたであろう壁時計、歴史を感じますね。
続きが楽しみです!
あ、ウシランお伝えすべきことはありますが
本当にぜひ遊びに来てください。
もうパックン抱っこだワンで電車移動OKですもんね。
にーちゃんさんがいなくても来られるかな?
ひろ
2009年09月21日 23:11
遅ればせながら、おかえりなさ~い!
昔からイギリス大好きだったので、ねーちゃんさんの旅行記と~ても楽しみにしていました。
私的には大好きなクマのパディントンの見つかった駅に行かれたのがうらやましいです。
駅にはパディントンの銅像があるようですが、見ましたか?
ねーちゃんさんの撮られた写真を見ていると自分も旅しているようでわくわくします!
続きも楽しみ~。
ねーちゃん
2009年09月21日 23:27
そうなんです!偶然でとてもラッキー♪
なんせイギリスの知識は皆無だったので、
行ってみて実感しました~^^;

個人旅行は自由な半面、割高になってしまいますよね
パックツアーだったら信じられないくらいの値段で
豪華な旅行ができるんですよね~
ロンドンの物価は日本と同じかちょっと高いくらいだったような?
安いお店ばっかり行ってたからかなぁ(笑)
ねーちゃん
2009年09月21日 23:36
ごまママさま☆

いえいえ、そんなことは!
「地球の歩き方」頼りの行き当たりばったりですよ~
しかも地球の歩き方でさえ、使えない土地に行ってしまって
この後、いろいろありました~(笑)

こんなでしたぁ~!っと私もぐっとまとめて早く報告したいのですが
撮って来た画像を見るとあれもこれも載せたくなって
先になかなか進めそうになく(~_~;)
もうしばらくご辛抱いただいてもよろしいでしょうか(*^_^*)
ねーちゃん
2009年09月21日 23:46
ハラマキさま☆

帰って来てから、下調べも準備もとても雑だったなぁっと
後悔していることもいっぱいあるんです^^;
でも1回きりで満足しちゃうのも寂しいので、
また行っちゃおうかなぁ♪なんて具合です(笑)

「ウシラン」へお邪魔してもよろしいんですね(*^_^*)
ありがとうございます☆
でも、ウシくん一家に会いたくて伺いたい人は
きっと大勢いらっしゃるでしょう
私は素敵なランがジャングルになる前に
お伺いできたら嬉しく思います^m^
ねーちゃん
2009年09月21日 23:55
ひろさま☆

さすが、ひろさんですね!
銅像、見逃しました~><
構内のパディントンショップには立ち寄ってぬいぐるみは
買って来れたのですが
まさか銅像まであったなんて知らなかったんです
帰ってきて、詳しく調べて知り、
せっかくだから見てきたかったなぁと
思っていたところでした
私達もイギリスをとても好きになりました
他にも教えてもらえたら嬉しいです(*^_^*)
ちび父
2009年09月22日 00:12
ねーちゃんさんの旅行記を見ていると、そこに行った気分になれて、海外旅行経験「0」の私たちには、疑似体験出来て、これから先がとっても楽しみです。
だから、Swimbridgeまではゆっくりでいいですよ!(笑)
ところで、ホテルの朝食は、ボリューム満点ですね。こっちも魅力的だなぁ!
ラテママ
2009年09月23日 00:04
パックンブログの紹介文
「いつかは 一緒に 世界中を旅したいね♪」 
だったよね~^^ (あれ?? 替えた???)
こんなステキなところ、 パックン連れて
お散歩できたらかっこいいなぁ~*^^*
駅ひとつとっても 映画の中みたい☆
ねーちゃん
2009年09月23日 02:10
ちび父さま☆

本当ですか!私のひとりよがりでお恥ずかしく。。。
そんなふうにご覧になって頂けたらとてもうれしいです(*^_^*)
朝食は日本の大きなホテルなら、こんなかんじなのかも?しれませんが
私のイギリスのイメージがとっても質素なものだったんですね
おかげで海外に行くと食べるものが合わず、
げっそりして帰ってくることが多い私ですが今回は絶好調!でした♪
ねーちゃん
2009年09月23日 02:16
ラテママさま☆

ひゃー、よく覚えてくれてるね~!!ラテママさんはっ!!
犬ブログの紹介分はそのまま使ってるよん(笑)
パックンのへこ発覚で世界は程遠いな~><
なんて思ってしまったけど、夢は大きくだよねっ
実はギリシャ旅行の船の中で出会った犬連れの旅人に憧れて
そんなことを思い描いてしまったんです^^;
でも、その人は国内旅行だったけど~(爆)
いつかはパックンもできるかなぁ?
ぐり
2009年09月23日 19:11
ねーちゃんのイギリス旅行
予定をたてて下調べもバッチリ
旅行はこうでなくては!と言うのを痛感したりして・・・
ぐりは結構行き当たりばったりなところがあるからどうもいけないね~

とても素敵なイギリス次があるよね
楽しみ!!
ねーちゃん
2009年09月24日 22:26
ぐりさま☆

そんなことないですよ~!
これからけっこう行き当たりばったりが出てきますからぁ^^;
帰ってこれればそれでいい!くらいの下準備ですよ~(笑)