ジャックラッセルテリア☆パックンの冒険

アクセスカウンタ

zoom RSS 犬を愛した作家の本☆

<<   作成日時 : 2009/04/08 00:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 20

画像


犬と人とは 先史時代からのなが〜いおつきあい

そこまで遡らなくても 人はその愛らしいしぐさ かしこさ

時には痛々しいまでの従順さや 忠誠心に

信じることの健気さ 尊さに心打たれ 癒され

ともに遊び ともに暮らし ともに生きてきました
 

犬と暮らす楽しさ 素晴らしさを知ってしまった人たちにとって

ありがちな言葉ですが 犬は大切なパートナー
唯一無二の存在と言っても過言ではないように思います


「もの言えぬ証人」 

ご存知 ミステリーの女王☆アガサ・クリスティー 著

アガサは、幼少の頃から犬が大好きな人で、生涯のうちで最も愛した犬が、
ワイヤヘアード・テリアの「ピーター」だといわれており、
その「ピーター」をモデルにした「ボブ」が殺人未遂事件にかかわり、
ポアロに、事件解決の重要なヒントまで与える役割を演じているのが、
この「もの言えぬ証人」である。
Amazon カスタマーレビューより


ずいぶん前に読んではいるのですが すっかり展開を忘れ去っております
本も古いでしょ^^;

20代の頃 いつもの病気でアガサにハマって アガサ本を読み漁った時に購入

何度か引っ越しするたびに 荷物になるので本はできるだけ処分してきましたが
アガサのシリーズはなぜか ずっと持ってまわっていて
今回、犬飼いの目線で もう一度読み直そうと書棚から引っぱり出してみました

アガサは この1冊を愛するピーターに捧げ
犬は人のように話したりはしない(ものは言えない)けれど
見ている 真実を知っている
そしてしかるべき時、しかるべき人にそれを伝えようとすることができると
書いていたんじゃなかったかな?
忘れてる(-_-) 読まなくっちゃ!


友人たちの内で最も忠実であり
連れとして最も親しく、
千匹のなかの一匹の犬といえる
愛するピーターに捧ぐ
「もの言えぬ証人」 アガサ・クリスティー



そして 太宰治全集3(ちくま文庫)より 「畜犬談」

こちらも 昨年の7月に 太宰にハマった折、たまたま読みました^^;

この太宰さんの目線 とても好きなんです

ネタばらし してもいい? やめておきます

太宰さんの心憎いまでの不器用な愛情。。。

一応、読んだ時のブログ ↓

http://pakkunoboukenn.at.webry.info/200807/article_11.html

すでにお読みになった方はどんな感想をお持ちなんでしょう?


                                                   


今日はうちの旦那さんお休みで 私は仕事

そーとー暇だったか? パックンの写メを何回にも分けて送ってきました


「こんな感じでくつろいでます」 by 旦さん

画像

「ついには こうなっちゃいました」 by 旦さん

画像

だそうです

画像

これはちょっと加工してますね☆

私よりはセンスを感じる・・・と思ったねーちゃんなのでしたぁ♪

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/u4r6c749w2oh

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
イヌに関する本って たくさんありますよね。
犬に限らないんだけど、動物と絡む文章は多いですね〜
我が家は 家に図書館があるくらい 活字中毒の夫を抱えていて、記念日(誕生日、クリスマス、結婚記念日など)は いつも 本がプレゼント、それも 一度に 5〜6冊。
私が喜ぶので ワンコ関係の本も入ってます。
最近は マーリーでした。
もちろん 映画より ずっと前で 去年の誕生日プレゼントだったかな〜〜
私が 気に入ったのは バックパッカーと 大型犬の旅行記で すごくおもしろく、数冊 シリーズで出ているもの・・・
興味があったら 詳しく本の名前 調べておきますよ。(笑)
りふぉんママ
2009/04/08 08:46
ん〜〜
わんこの本かぁ〜 
最近たまたま読んだ文庫本にわんこが登場してたなぁ。
生活のために 遠くにわんこを捨てに行くんだけど 捨てれず・・・みたいな。
わんこの表情、人に対する接し方をみてると むかしから 人間と仲良くやってきたのがわかる気がします。
結局は 人間次第なんでしょうね・・・。
ぱっくんぱぱさん、写メ撮りたくなる気持ち わかります。
加工してある油絵みたいなの かわいいです♪
まるママ
2009/04/08 11:46

犬バカのねえちゃんさんに絶対お勧めなのが、
「犬身」自分が種同一障害だと考える女性が子犬に変身して・・・という怪しいお話。
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200710310092.html
きっと、ねえちゃんさんには気にいってもらえると思うんだけど!
ぱっくんと旦那様でお留守番!ご主人よほど奥様が恋しいのね(笑)
ごまママ
2009/04/08 13:49
いやん、ねえちゃん旦那様おちゃめな方ですね☆犬がテーマのお話とてもおもしろそうですね!
Hanakotty
2009/04/08 19:15
りふぉんママさま>すご〜い!図書館ですかぁ!いいなぁ!
バックパッカーの犬の本、興味持ちました!
今の私にぴったり!なんていう題名でしょう?私も調べてみます♪
ねーちゃん
2009/04/08 20:13
まるママさま>どんな本だったのでしょう?気になります。自分の生活もままならなくなったとき、その時の決断は・・・
以前エジプトのカイロ博物館でヒヒのミイラを見ました。ファラオがかわいがっていたのでしょう。来世でも一緒に暮らそうと死んでからもミイラにして自分の墓に埋葬したようです。
そんな昔から人はペットをかわいがり大切に愛していたんだなぁと感動したことを思い出しました(^_^)
ねーちゃん
2009/04/08 20:31
ごまママさま>お勧め本!チェックしてみま〜す♪ありがとうございます(^o^)
旦那さまもパックンの愛らしさがやっとわかってきたんではないかと^m^
犬バカですけどね〜☆
ねーちゃん
2009/04/08 20:34
Hanakottyさま>我が家は変なパックンを見つけることが楽しいみたいで^^;
アガサの本、以前はミステリーとして読んだんですけど読み直してみたら、アガサの犬の描写にとても共感を覚え、おもしろく読んでいます♪
パックンとすっごく重なるんですよ(^_^;)
ねーちゃん
2009/04/08 20:39
「もの言えぬ証人」!!
ドラマで見たよ。犯人が以外な人でネ
アガサの中で、ポアロシリーズが一番好きだな!
ケーブルでやっていたので、全作録画しちゃった
よ〜。
ねーちゃんは嵌りやすい性格と見た!!
ぐり
2009/04/08 22:21
本をたくさん読む人は
機知に富み、思慮深さを感じます。
やはりねーちゃんさんは本を読む人だったのですね・・
私は逆に動物ものは本も映画もテレビもだめです。
だって悲しい出来事が描かれているかもしれないでしょう?
もうね、絶対号泣、嗚咽ですから避けてます。
ハラマキ
2009/04/08 23:42
ぐりさま>おっ!やってたんですね!見逃したぁ〜^^;あっでもケーブルですか。。。
有名なもの「オリエント急行〜」「そして誰も〜」など名作はいっぱいありますが案外「アクロイド殺し」「無実はさいなむ」などの方が私は面白かったような(^_^)
熱し易く冷めやすい?・・・あっでもマニアックとも言われてますがどうなんでしょう(^_^;)
ねーちゃん
2009/04/09 19:04
ハラマキさま>いえいえ^^;流行ものにすぐハマる薄っぺらな人間で、(自分で言うのも残念!)もっとよく考えてから行動した方がよかったと思うこともしばしばで(汗)
ハラマキさまは涙腺がゆるゆるなんですね(^_^)
というか、感受性が豊かゆえに感情移入が早く、そしてそんな映画を観ようものなら、始まった時点で先が見え、すぐにも涙してしまうのでは?
そしてクライマックスは誰よりも早く号泣してしまうでは?それでは観る前から尻込みしたくなりますよね^^;
実は私もダメなんです。動物もの・・・でもハラマキさまとは逆で、号泣も思いっきりしてスッキリしてしまうのです。あれっ?それって冷酷な人間でしょうか(-_-;)
ねーちゃん
2009/04/09 19:16
あはは。
やっぱりパックンもダンナさまもねーちゃんがいないとダメなのねん。
大佐のおかあちゃん
2009/04/09 22:22
旦那ちゃん かわいい〜
パックンと2人の、ノンビリ休暇だったのね

キャメルも何故かカーテンが大好きで、よくレースカーテン被ってお姫様してますよ

猫、今のところ来なくなりました
住み初めて、ここはワンコ臭がする危険?って思ったかもしれません
アドバイスありがとう
camemama
2009/04/09 23:15
「畜犬談」・・・
めちゃんこ気になるんですけど〜
早速読んでみようと思います
太宰治全集3に入っている話なんですか?
う〜ん気になる・・・

パックン、日向好きなんですね〜
さくらもよくこんなんなってます
かわいぃ〜〜
やんげ
2009/04/10 00:02
大佐のおかあちゃんさま>もしや大佐さんちも?(^_^)
旦那さんはせっかくの休日、予定がなくなってパックンも寝ちゃうしなんだかなぁだったようです^_^;
ねーちゃん
2009/04/10 15:58
camemamaさま>そうですよね(^o^)
たしか?キャメちゃんカーテン越しにお洋服脱いだりしてますよね〜☆カーテン使いが上手!
ネコさん来なくなりました!(;□;)!!よかったですね♪
キャメちゃんがいたら大丈夫ですね(^-^)
ねーちゃん
2009/04/10 16:04
やんげさま>そう全集3です(^_^)
短編なんであっという間に読めちゃいます!
でも最後はジーンと込み上げて来ました(*^^*)
ねーちゃん
2009/04/10 16:08
パックンパパ(にーちゃんさんでしたっけ)の写真、なかなか面白いですね。何となくですが、パックンへの愛が感じられます。きっと可愛くて仕方ないんでしょうね。パックンは幸せ者!
ちび父
2009/04/15 02:16
ちび父さま>どうでしょう〜^^;
私よりあったかい視線だなぁとは思います☆
私、パックンに厳しかったり、あまあまだったりなので〜(~_~;)
ねーちゃん
2009/04/15 12:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
犬を愛した作家の本☆ ジャックラッセルテリア☆パックンの冒険/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる