ジャックラッセルテリア☆パックンの冒険

アクセスカウンタ

zoom RSS パックン、どこへいく?T

<<   作成日時 : 2008/06/15 01:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

我が家に来て約3ヵ月半。そして5ヶ月齢。
毎日一緒に暮らしながら
いろんなしつけをできる、できないと気にしていたりしますが

何ができて、何ができなくていいのか?
(「しつけ、しつけ」って本や言葉に惑わされていませんか?)

どんな 成犬になって欲しいのか?

自分が望む パックンの将来のビジョンをしっかりと持つために
整理してみました 

1.ジャックラッセルの持つ能力を充分に発揮させ活かす

2.飼い主の言うことを理解し行動できるようにする


この二つに尽きますね!
せっかくジャックに生まれてきたのだから
ジャックの持つ特性を充分に活かしてあげたい

そして、
『私たちの生活に負担を与えることなく一緒に暮らせる犬』
になってもらうということです
(所詮、犬です。犬の為に生きているのではありません)
大好きだけどぉ〜♪


私がいつも参考にしている『Parson Jack.net http://parson-jack.net/』から ジャックの外見と特徴、気質と性格を再度確認してみます

外見と特徴

日本では小型犬の分類に入りますが
犬の中でもスーパーカーと言われており
キツネ狩りの際には、馬やハウンド犬と同じ速さで走ることができます。

細い隙間を通り抜けて獲物を追いかけるため
関節が柔らかく細身の体型となっています。
自由で元気いっぱいに、パワフル感に溢れた感じで動き回ります。
鋭敏でイキイキとした姿が特徴的です。
・・・確かにテーブルの上の獲物を捕るときは秒殺だね!

気質と性格

常に動き回ったり、冒険に出たりと、チャレンジ精神旺盛。
・・・いつかパックンの冒険について行きたいなぁ(*^。^*)
また非常に忠実で頭がよい反面、自己主張をする性質を持っています。

正真正銘の猟犬(ハンティングドッグ)でチャンスを見つけては
探索したり、歩き回ったり、追いかけたり、穴を掘ったりします。
遊ぶことが大好きで、優れた知性を持ち合わせた頭のよい犬なのです。
・・・私もそんなん言われてみたい

いつもハッピーで大胆、そして活力がみなぎっている犬です。
最も大切な特性はコンパニオンとしての特性と働く能力
両立があげられます。

昼間は厩のネズミを荒々しく追いかけたり
キツネの穴に入り込み命がけで戦いを挑んだ同じ犬が
夜には暖炉の前で飼主と一緒にくつろぐ姿は
この犬種を飼ったことのない人には想像もつかないことでしょう。

こんな極端な二面性を持ったジャックラッセルテリアを
「誰にでも飼える犬ではない」という評判も多々あります。
・・・そう、飼った人しかわからない(-_-;)

この犬種はただ飼っていてもお互いがつまらないだけでなく
運動不足や飼主の不適切な愛情、そして無関心などによって
いくらでも悪くなるだけの知能を持っています。
・・・優等生のいじめっ子か?

テリア種はえてして自分勝手、いうことを聞かない、かんしゃく持ち…
などと敬遠されがちですが、確かに本来の作出目的の中で
「地中でも自己判断ができる」ことをよしとした事から
多くの人が望む「従順で飼主のいう事は絶対という忠犬」
望む人には好まれません。

ジャックラッセルテリアの自己判断力
「(正しい)愛情」をかけてやり
「心身ともに満足のいく」環境を整えてやらないと

自己中心的ではた迷惑なものにになりやすいという事なのです。

しかしこの「テリアキャラクター」と呼ばれるやっかいなキャラクターが
この犬のおもしろみを引き出す事は言うまでもありません。

誰にでも飼えない犬が愛されているのは
飼ってみてその面白さに気づいた人だけです。
苦労もし、また努力もした人のみに味わえる喜び…

「いろいろ楽しませてくれてハッピーな気分を味わいたい
コミカルでわんぱくな犬と暮らしたい」という
アクティブでユーモアのわかる心の寛大な人であれば
理想的な愛犬になります。


                                   

ようするに、なんでも言うことを聞く犬ではないよ、
それは飼い主の言っていることがわからないのではなく
自己判断しているからだということを把握しておかなくてはいけないですね


私がジャックラッセルを飼うことを決断した最大の要因として
映画の『マスク』“マイロ”の影響があります(ご存知の方も多いはず)

ジム・キャリー扮する主人公スタンリーは何をやってもイケてない銀行員
その愛犬マイロ(JRT)は何度もダメな主人を助けて活躍します
捕まって刑務所へと連れて行かれたスタンリーを追いかけ
ずっと主人の放り込まれた牢屋の塀の下に寄り添い
スタンリーに牢屋の窓から呼ばれれば
一生懸命ジャンプして中に潜り込み
牢屋の鍵までスタンリーのために取って来て彼を救います(^_^;)

画像

      ↑  “マイロ” よくできた子なんだよぉ〜〜〜 

映画の中と言えど その演技力からジャックはかしこい犬なんだなぁ〜と
感心したものです

パックンも今は悪戯盛りで悪さするのが楽しくてしょうがないようですが
いつか 落ち着いたとき 本当にパックンの身体能力 知能を
満足させることのできる何かを与えてやれるといいなぁ
って思います

そして ねーちゃんの愛情がしっかり伝わって
ねーちゃんが困っているときは マイロのように 助けに来てね 
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/u4r6c749w2oh

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
つまり、ぱっくんはAB型のようなものなのだと。
としたら、ねーちゃん、だいじょうぶ?www
rulira
2008/06/16 13:57
ruliraさま>
まずこのなが〜い文を最後まで読んでくださった事に(飛ばし読みでも)感謝いたします♪
そーゆーあなたもAB型!
お付き合いの自信は無きにしも非ず。
類は友を呼び、犬は飼い主に似るものか?
ABばんざい!?
ねーちゃん
2008/06/16 16:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
パックン、どこへいく?T ジャックラッセルテリア☆パックンの冒険/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる