ジャックラッセルテリア☆パックンの冒険

アクセスカウンタ

zoom RSS ペットについて 大切なこと・・・T

<<   作成日時 : 2008/05/09 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

いまやペットブームは留まることを知らず
ペットグッズはありとあらゆる分野で製品化され
人間の子供顔負けの勢いです

むかし・・・私が子供だった頃・・・(うん十年前ですけど)
家で飼っていたワンコのために用意したものといえば・・・

首輪、リード(その頃は鎖がほとんど)
餌の器、水の器
犬小屋、一枚の敷物くらいでした
それすらも私たちが使い古したものであったように思います

時は流れ 今回パックンを飼うにあたり
揃えたものは数えきれないほどです
すべて新品で他から代用したものは一つもありません

80 年代半ばから 90 年代初頭にかけて
第一次ペットブームと言われ
少子高齢化や核家族化という社会構造の変化のなかで、
ペットを家族の一員として人間同様に扱う
「コンパニオンアニマル」となって久しく、
90 年代後半以降、第二次ペットブームと言われているそうです


もちろん 人の価値観は時代と共に変化していきます
ペットにどれだけお金をかけようが
それがその人の生活を潤し 豊かにしているのであれば
誰からも 批判されるべきではないでしょう

ペットたちも大好きな主人が喜んでいるのなら
自分が欲しているかどうかにかかわらず うれしいに違いありません
それがペットたちなのです


寄り添う人がいる 抱きしめてくれる人がいる
見上げれば見つめ返してくれる人がいる 
それがペットたちにとって 一番の幸せなのだから


ただ、なんとなく違和感を感じるのです

かわいい洋服を着て
ベビーカーのようなカートに乗せられ
都会のお洒落なオープンカフェで
飼い主と一緒にテーブルについているワンコたち・・・

その一方で
引っ越すから
大きくなり過ぎたから
子供が生まれたけれど引き取り手がないから
と人間の都合で捨てられ
保健所に連れて行かれるワンコたち・・・


そうは言っても私自身、捨て犬を飼っているのではなく
ブリーダーやペットショップを回り
自分が欲する犬を見つけるまで時間をかけ手に入れた口です

「じゃあなぜ 捨て犬をひきとってあげなかったのか?」
というご意見もあるかもしれません

それは血統書が付いている犬が欲しかったからではありません

最初は里親探しをしているサイトから私を待っているワンコを探しはじめました

ボランティアの方が開催している里親会にも足を運び
(タッチの差で私が選んだ子は他の里親様に
引き取られていきました 

悲しい経験をしてしまったワンコやニャンコに
ボランティアで世話をしに行ったりもしました

けれど、そういった不幸にも
(不幸どころかその先には「処分」という運命しかない)
居場所を与えられないワンコやニャンコたちと接していくうちに

このような子達はどれだけの数いるのだろう・・・
そして非力な私になにができる?・・・


この子達をぜんぶ引き取ることはできない
かといって一匹二匹引き取ったからといってこの現実がどう変わるのか?

せめてこの世に生まれ出でた命にめぐり合い
縁があったとしたら そのたったひとつを 最後まで大切に愛し続けよう
(大きな意味において保健所にいる犬も
ペットショップに陳列されている犬も同じ立場なのではないか)

と思うようになりました

実はなに犬でも良かった私がジャックを飼うことにしたのは
「私の好みだから」と愛するための最初の動機付けと

初めて動物を飼う旦那さまにも犬のかしこさ、かわいらしさを知ってもらい
一緒に育ててもらえるような犬を選ばなくてはいけないと思ったから
(雑種が劣るということではありません
「ジャックラッセルテリア」自体が世界でもっとも有名な雑種です)


猫はいるだけでもその愛くるしい容姿としぐさで癒されます

ですが もっとふれあい 

たとえ最初から愛情を持って受け入れていない人に対しても

「いつでも どんなあなたであっても あなたを愛しています
そして あなたに従います」


という感情表現においては
犬に勝る動物はこの世の中で(人間をのぞいて)いないはず!
人間でも難しい・・・

そんな無邪気で大切な家族をいつまでも いつまでも
旦那さまと一緒に見守り続けていきたいと思います

☆今日のパックン☆

画像

先日壊れたコーヒーテーブルの裏を探索中・・・

画像

                また〜!?

画像

               「ふせっ」完成形 

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/u4r6c749w2oh

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
なんか、ちょっと大人になった?!

このまえショップにいったとき、3か月のワクチン打ち終わるまでは散歩にだしちゃいけないって改めていわれて。
「なんで、最近のワンコはこんな軟弱なんだ?!」と思いました。
散歩に連れてってるってより、ワンコを抱いて、自分が散歩してるってオバサンもよくいます。

結局、人間の都合を押しつけてるだけなんですよね。
であれば、出会ったワンコであれば、めいっぱい、精一杯愛情を注ぐべきだと思います。
パックン、果報者♪
rulira
2008/05/10 19:59
まぁ、そうですね。
動物を飼うということに責任を持つ必要は
あると思いますね。
しかし、昔はもっと野良犬とかいたような
気がするなぁ。
岡村隆史
2008/05/10 20:49
ruliraさん>
そうなの・・・大きくなっているの(T_T)
自分も依存しすぎていたり、
いろんな矛盾を感じます・・・
でもパックンに出会えてめちゃくちゃ
HAPPYなことはまちがいないね(~o~)
岡村さん>
そう、最後は「責任」ですよね。
無責任な人間にだけはならないようにしなくては。
「野良犬」いた、いたーっ!
授業中、なぜか狂ったように運動場を
走り回っている野良とかいたよねぇ〜^m^
ねーちゃん
2008/05/11 00:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ペットについて 大切なこと・・・T ジャックラッセルテリア☆パックンの冒険/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる